裕の作詞部屋
自作の詩を載せていきますので、是非感想お願いします。 ブログランキング参加中!! 来たら一日一回ポチッと押していってください♪ ペットとも仲良くしてください☆ 本出版を目指して詩を書いています(≧ω≦)/

プロフィール

裕

Author:裕
年齢:高校生
趣味:PC・ゲーム・お菓子作り・作詞
特技:勉強ww
性格:良い人なんだけど…と言われます…



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



最近の記事



最近のコメント



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



FC2カウンター



FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第三十作目

雨の中 公園を歩いていると 君に会った

君の丸い目は 僕をじっと見つめていた

自分の置かれている状況なんか知らないかのように

この雨だって シャワーとしか思ってないかのように

君は黙って僕を見つめていた

まるで時が止まってしまったように…


我に返り 背を向けて歩き出す

すると君は一言

「ニャー」


今日 君は僕ん家の猫になった
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

最初は、「君」が女の子かと思いました。
最後の落とし方が上手ですね。
無垢な子猫の描写もなかなかセンスあると思います。
私は過去に、「ニャー」って鳴かれてついてきちゃったので飼ってしまった事があります(笑)
これからも頑張って下さいね。
また、遊びにきますね。
【2006/10/02 12:21】 URL | たま #-[ 編集]

コメントありがとうございます。
この「君」は女の子でもあり、猫でもあるんです。
どちらと思っていただいても結構です☆
また来てください♪
【2006/10/02 16:39】 URL | 裕 #JalddpaA[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://heyanooku.blog50.fc2.com/tb.php/30-7f917944
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。